上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、鯵の「なめろう」を手抜きで作ろうと思い立ちまして、フードプロセッサ君に依頼しました。
結果、「なめ(らかすぎるんだよこのや)ろう」な物体へと仕上がりました。回転させすぎた自分の責任ですが。
脂が余計に出るんですかね。
やっぱり包丁で粗めに刻んだほうが美味しいな、との思いが強まった担当がお送りする、せきやブログでございます。
最終的にはハンバーグっぽく焼いて大根おろしを添えたので、残さず食べられました。


まずは前回の訂正とお詫びから。
出品予定の品としてご紹介した「グロスバルサ」と「デルタ」の2種類ですが、発注のタイミングが悪くメーカー欠品となってしまいました。
楽しみにしてくださっていた方、申し訳ございません…


ただ、代わりというわけではないですが、追加の出品も決まりました。
コバツトレーディングさんの出品に関して、前回は「クルーリパブリック」のみ出品とお伝えしていましたが、嬉しいことに「プランク」シリーズも出品される運びとなりました!
plank-logo.gif

ワールドビアカップで世界最優秀小規模醸造所賞を二度も受賞するという離れ業をやってのけたミヒャエル・プランク醸造所。
1617年の創業以来、ほとんどが地元で消費されてきましたが、2012年よりコバツトレーディングによって輸入が開始しました。
生産者・インポーターが協力して徹底した品質管理を行うことで、地元ドイツ・バイエルン州中部レーゲンスブルグ地区で飲むのと同じ味わいが日本でも楽しめちゃいます!(ドイツ行ったことないんで受け売りです。)

ここのビールは王道ド真ん中を行くドイツビール。
目新しい変り種でごまかすのではなく、ひとつひとつの技術・素材の質が非常に高い、素直に「美味い!」と感じるビールです。
数種類出品されますが、あえて一つお勧めするなら「ピルザール(ピルスナー)」。通常のピルスナーよりもホップを多めに使用しています。
正直に言って、ラガータイプのビールは近年の流行ではないと思います。
IPAに代表されるエールタイプ・多様なホップの効いたビールのインパクトに比べて、ピルスナーは地味。
イベント序盤でのお客様食いつきが悪いタイプです。
大手ビール会社による数十年間の販売活動を経て、良くも悪くも日本に定着「しすぎた」感があります。
そんななかで、プランクのピルスナーをおすすめするのは「際立って美味い」ということに尽きます。
目立たないはずのピルスナータイプで、ここまで言わせる存在、是非一度ご賞味ください。


ここまでが前回の訂正・追加情報。
さて、今回新たにお伝えするのは、ビアフェスに関するオトク情報です。

当店で開催しているイベントに参加されたことのある方はご存知かと思いますが、試飲してみて気に入った商品は、その場で割引価格にてご購入いただけるんです。
しかも今回は、マニアックな専用グラスもご用意。それらが普段よりだいぶお買い得になる予定。
専用グラスってそのビールのタイプに合わせた独特な形のものが多く、集めたり贈り物にしたり、色々楽しめます。
細かい価格は未定ですが、グラスは2~3割引になる予定。この機会に是非。

また、イベント来場特典として当日以外のお買い物でもお得になる割引チケットを配布する予定もございます。
普段から当店をご利用いただいているお客様の場合、ワインの10%オフチケットなどはなかなかお役に立つのではないでしょうか。

まぁ、こういった「買い物するとお得」系の情報は、当日におまけとして味わっていただくほうが楽しめるかと思うので、詳細は会場でお確かめください。



そして、ここからは今日のもう一つのテーマ。くにたちビアガーデンについてです。
くちたちビアガーデンとは、国立駅周辺の7店舗が共同で開催するイベント。
今年が初めてとなる試みです。
参加店舗はこんな感じ。(くにたちビアガーデンさんのFBより転載)
見づらいかもしれませんが。
kunitati beergarden

どんなノリのイベントなのかとか、開催のきっかけなどの詳細は「くにたちビアガーデン」さんのFBを見てもらえれば分かるんですが、要するに

①イベント参加パス代わりのビアジョッキを購入(¥2,000、限定120個)。買った店舗で飲むファーストドリンクは無料です。

②そのジョッキを持って参加店舗に行けば、ビールが安く飲めるなどの特典がある(特典は店舗によって異なります)。

③開催期間は7月4日~8月9日で、一度ジョッキを買えば参加店どこでも・何度でも特典を受けられ、飲めば飲むほどオトク

って感じです。
このジョッキ、本来は参加店舗の7店でしか購入できないんですが、当店でも7月5日のせきやビアフェス会場でのみご購入いただけます!
参加店での「ファーストドリンク無料」と同様に、本来有料で提供している特別なビールを一杯お飲みいただけます!
ジョッキの見た目はこんな感じ。
くにたちビアガーデンジョッキ
中身はビール柄の紙ですが。
あ、写ってないけど取っ手もついてます。

最初の一杯でまず数百円得して、お店によりますが一杯飲むごとに割引を受けられる。
週に一回飲みに行って、一度に2~3杯飲むとすると、開催期間が一ヶ月ちょいありますから結構楽に元は取れるはず。
金額的なお徳感だけじゃなくて、せっかくジョッキがあるから新しいお店に飛び込んでみよう!という気になれるのもいいところ。
もともとフレンドリーなお店ばかりですが、ジョッキ片手に入ってきたら、そりゃあニコニコ歓迎しますよね。
この夏、新しい出会い、新しい溜まり場の開拓にいそしんでみてはいかがでしょう。
スポンサーサイト
21日は父の日でしたが、皆様いかが過ごされましたでしょうか。
毎年かなり大勢の方が贈り物のお酒を選びに来てくださいます。
やはり一番人気は日本酒ですが、今年は例年以上にウイスキー需要が高かったのが印象的でした。
つくづくマッサンすごい。
ラッピングに追われ、うれしい悲鳴を上げつつてんてこ舞いだった担当がお送りする、せきやブログでございます。
ご来店ありがとうございました。


さて、今回と次回はビアフェスタの追加情報を載せていきたいと思います。
まず今回は出品銘柄に関しての情報。
ビールのイベントがあると聞いて、皆様が一番気になるのは「どんなビールが飲めるか」だと思います。
ベルギー、アメリカ、イギリス、ドイツ、日本、その他数カ国…色んな地域のものが集うわけですが、その中でも今回は「どんな珍しいものが飲めるか」を一部ご紹介したいと思います。


最初の珍しいビールはドイツ産。
出品銘柄の多くは当店のスタッフがお注ぎするのですが、ブースに立っていただけるメーカー・インポーターも数社ございます。
そのうちの一つ、要注目の会社が「株式会社 KOBATSU(コバツ)トレーディング」です。
ちなみに、代表が小林 努(こばやし つとむ)さんなのでコバツ。
わかりやすい。

どんな会社かといいますと、ドイツ・バイエルンビールの専門輸入商社です。
会社自体は小さいですが、扱っているビールは一級品。
ワールドビアカップで2度の最優秀小規模醸造所賞を獲得したプランク醸造所のビールや、今回出品されるクルーリパブリックのビールを扱っています。
どちらもドイツ国内だけでなく世界中で高い評価を受けています。
輸入元だけでなく製造元も小さいので、プランク、クルーリパブリックのどちらも国内で飲める機会はまだまだ少ないと思います。

で、クルーリパブリックについてですが、以下はコバツトレーディングさんのFBより抜粋。
『2014年8月より「クルーリパブリック」の輸入を開始しました。
2011年若者2人がミュンヘンで立ち上げた「ジャーマンクラフト=ネオジャーマン」のブルワリー。
ヴァイツェン、ピルスなどの伝統ジャーマンを作らず、IPAやインペリアルスタウトなど国外発祥スタイルをジャーマン風に創るドイツビールの革命児!』
crew republic


こんな感じです。
設立から間もないですが、RateBeerなどのビール評価サイトでもかなりの高評価を受けています。
私の個人的な感想としては、「ドイツのビール純粋令とともに培われてきた、芳醇なモルトの旨みと全体のバランス感覚 + 現代的なホップの使い方、冒険心」といった感じ。
今回はクルーリパブリックシリーズ6種類程度を出品予定ですので、是非ご自身でお確かめください。


今回ご紹介するもう一つの珍しいビールは、ベルギー産。
「ブラッセルズ ビアプロジェクト」という、ビールマニアであり、ホームブリュワーでもあったセバスチャン氏とオリビエ氏の二人によって2013年から立ち上げられたプロジェクトがあります。
両氏が「クリエイティブでクラフトなブリュワーでありたい」という熱い思いを胸に一年間で4種類の試作品を制作。
その試作品をブリュッセル在住の(舌の肥えた)人々に試飲してもらい、投票によって一種類を選び、 そのビールが実際に醸造され販売されるというプロジェクトです。
1年目は800人、2年目の今年は1000人以上がこのテイスティングイベントに参加しました。
ブラッセルズビアプロジェクトロゴ

そして発売されたのが「グロスバルサ」「デルタ」という二種類のビール。
『最も多くの人に選ばれた、最先端のベルギービール』(インポーター談)
と謳うだけあって、まだまだ日本で見かけることは少ないですが飲んだ方のリピート率は非常に高く、当店では最近扱いだしたのに仕入回数がだいぶ多くなっています。
珍しくてなおかつ味も折り紙つきのこのビール、この機会に飲まない手はありません。


画像を2枚載せた割にずいぶんと白黒な記事ですね。
次回はビアフェス情報&「くにたちビアガーデン」に関する情報を掲載予定。
そのときは写真も載せようと心に決めたところで、今回はこの辺で。
新鮮なアサリやハマグリなどに二枚貝を火に掛けると、他の貝が開いてるのに粘るやつがいますよね。
生きてはいるので、たまに鍋を振りつつ待っていれば開きますが、なかなか根性のある貝。
あれの呼び名は‘タフガイ‘でいいんですかね。
貝毒が増える季節に何を考えているんでしょうね、せきやブログでございます。


さて、今回は二枚貝との相性があまりよろしくない(フライとかマリネはいいと思います)お酒のお話。
「せきや ビアフェスタ」のご案内です。
sekiya beer festa
日時:2015年7月5日(日) 15:00~17:00(16:30受付終了)
場所:せきやビル7階 エソラホール
今年は前売り券100枚のみの販売で、当日券はございません。

お子様連れの方、お車でお越しの方などは、入場をお断りさせていただきます。
前売り券は税込¥3,000となっております。
ご不明な点はせきや店舗までお問い合わせください。
TEL:042-571-0001(店舗混雑時など、電話に出られない場合がございますのであらかじめご了承ください。)



今のところ、
・アイコンユーロパブ
・アサヒビール
・ウィスク・イー
・AQベボリューション
・M's kitchen
・小西酒造
・コバツトレーディング
・ナガノトレーディング
・ブラッセルズ
・その他
(50音順、敬称等略)
といったメーカー&インポーターに出品していただく予定でいます。
合計で55~60種程度におさまりそうです。

ベルギー、ドイツといった伝統国から、アメリカ、イギリスといった近年のクラフトビールブームの中心となっている国まで、各国のビールが楽しめます。
出品銘柄はまだ確定していませんが、例年以上に個性派ぞろい&飲み比べる機会のないものが揃いそうですので、皆様是非ご参加くださいませ。
徐々に緑も色濃くなってきましたね。
上着を着て昼食後の散歩に出かけると、ほんのり汗ばむ季節になりました。
たまに吹く風が非常に心地良く感じます、せきやブログでございます。

この時期、草木も青々としてきますが、同時に花も一年で一番たくさんの種類が咲く季節です。
バラ園なんかは毎日混雑してるみたいですね。個人的には鎌倉文学館や旧古河庭園がオススメです。

目で楽しむものだけじゃなく、この季節の食べ物も魅力的。
江戸時代の俳人・山口素堂の「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」はあまりに有名ですが、これほど画も香りも音も味も、鮮明に浮かぶ爽やかな句もなかなかないです。
さて、高知の初鰹は今ぐらいの時期ですかね。
戻り鰹に比べて脂が少なくさっぱりとして、身もプリプリ。
濃醇すぎるより、旨みと酸はあってもややすっきり、といった日本酒が合うと思います。

そこで、最近取扱いを始めた二蔵のご紹介となるわけです。

まずは神奈川県海老名市、泉橋酒造株式会社の「いづみ橋」シリーズのご紹介。
3月末から店頭に並び始めています。
こちらの蔵、すぐ裏が自社の田んぼになってます。
つまり、米作りから取り組んでらっしゃる蔵なんです。
全量純米蔵で、原料米も自社栽培分と、地元の農家さんと組織した「さがみ酒米研究会」製造分の合計でで95%をまかなっており、『酒造りは米作りから』の信念を貫いています。

出来上がる酒の日本酒度は、平均で+9。
純米酒の奥深い旨みはありつつ、辛いというより「甘くない」お酒です。
生酛・山廃系のお酒も40%ほど製造しており、腰が強くてキレがよい酒が多く、料理とともに楽しめます。
そして一番の特徴は、燗上がりするお酒の多いこと!
大概どれでも燗がお勧めです。
DSC_0018.jpg

「いづみ橋」シリーズのほかに、「とんぼラベル」シリーズ、「山田十郎(梅酒)」、醤油、味噌なども製造しています。
中でも「とんぼラベル」は、農薬を抑えて米作りを行い、田んぼに赤とんぼが飛び交っている、そんな様子をラベルに採用しています。季節によって「夏ヤゴラベル」「秋とんぼラベル」などの限定酒もあります。

ちなみに、昨日「夏ヤゴラベル」シリーズを入荷いたしました。
純米生原酒・山田錦の青ラベル、山廃純米生原酒・雄町のピンクラベル、度数13度・生酛純米の夏ヤゴ13(サーティーン)、夏ヤゴにごり、と様々入荷!
代表して青ラベルがこんな感じ。
natuyago blue
まだ写真を撮っていないので、泉橋酒造さんのウェブサイトより転用させていただきました。

旨みは強く燗向きなお酒が多いですが、くどい甘さや鼻につく香りがないので、夏でも楽しめますよ。


もう一つの新規銘柄は、現在当店唯一の九州のお酒です。
佐賀県鹿島市、矢野酒造株式会社の「肥前蔵心」シリーズ。
こちらは5月頭からの取扱いなので、まだまだ種類は揃っておりませんが、今後は増やしていきます。
この蔵もまた純米酒の蔵。
平成16年より「純米酒宣言」を行い、製造の中心に純米酒をすえて商品展開をされています。

DSC_0023.jpg
ラベルもモダンですよね、最近リニューアルしたそうです。

この「肥前蔵心」シリーズの特徴ですが、個人的にはその『バランス感覚』にあると思っています。
造りたい味の方針がはっきりしており、そこにむかって甘さ、酸、旨みの濃さ、味の重さ、香りの強さとタイプ…などなど、様々な要素をバランスよくコントロールしている印象。
特に純米吟醸は、華やかな吟醸香と穏やかな酸、まろやかな甘みが調和を持ってまとまっています。
しかも、同じタイプの味しか造れないわけではありません。
超辛口特別純米生原酒などは、強すぎないメロン系の吟醸香、味を引き締めるかすかな苦味(ほめ言葉です)、喉にガツンと来る超辛口の刺激、奥深い旨みの余韻…というように、タイプの違う味わいです。
それでいてバランスが取れている点は同じ。

ちなみに、まだ取り扱ってはいませんが、こちらは奈良漬も人気商品だそうです。
他の地域のものと違い、甘くないのが特徴だそう。
naraduke yanoshuzou
同じ蔵で酒もつまみも揃えられますね。面白い。
あ、泉橋酒造さんの味噌もつまみに出来ますね。



こういう記事を書いた日は、書いた酒が飲みたくなります。
肝臓の為、毎日更新とか目指しちゃあいけないな!と心に決める今日この頃です。

花粉が過ぎ去り、ようやくの春を満喫する前にもう初夏が訪れたような気温です。
なんとなーく損をしたような気分の担当がお届けする、せきやブログでございます。

『春の夜の 夢ばかりなる 手枕に かひなく立たむ 名こそ惜しけれ』
とは百人一首、周防内侍の歌。
月の明るい夜、二条院にて大勢の人々がわいわいやっている時に、眠くなった周防内侍がぽつりと「枕がほしい」ともらしたところ、大納言・藤原忠家が「枕にどうぞ」と自分の腕を差し出しました。
そこで返したのがこの歌。「春の夜の儚い夢のような戯れの手枕(腕枕)にのってしまって、恋の噂が立ってしまうのは、残念ですので」というような意味で、まぁずいぶんと洒落たあしらい方です。

ただ、こうもすぐに夏が来てしまう現代では、噂話より暑さで腕枕を断りそう。情緒無いですね。
様々な季節、それぞれの良さを楽しめるように、夏ばかり長くならないことを地球さんには強くお願い。



ゴールデンウィークが終わり、皆様疲れの残ったまま出勤されているのではないでしょうか。
連休で遠出をされ、この週末は家でのんびりされる方が多いのでは。

さて、そんな日曜日にあるイベントといえば、5月10日の母の日です。
お母さんへの日頃の感謝を込めて、家事を手伝ったり、レストランに出かけたり。
DSC_0005.jpg

プレゼントでいくと、花、お菓子、エプロンあたりが定番みたいですね。
父の日に比べると少ないですが、お酒を選ばれる方も結構いらっしゃいます。
ワイン好きの方、日本酒好きの方にこだわりの品を選ぶ方が多いですね。
そんな中、なかなか面白いお酒もご用意しています。
DSC_0009.jpg
さすがにカーネーションのお酒はないんですが、花っぽいお酒がございます。
右側が「キス・オブ・ローズ」というバラのリキュール。
バラの花から抽出したオイルを配合し、甘く魅惑的な香りが特徴です。

左側は「セイクレッド ローズヒップ ロンドンビター」というローズヒップ(花じゃないですね)のリキュール。
ローズヒップ、ルバーブ、リンドウ、プラム、コリアンダー、オレンジピールなど全27種の自然素材を使用したルビー色のビターリキュールです。
爽やかな酸味と奥深い香りで、リラックスした気分になれます。

「花の形に盛り付けた料理を贈る」なんて変化球もあるようですし、たまにはこういうのもいいのでは。



「ロンドンビター」で思い出しましたが、英国王室の赤ちゃんがニュースになってますね。
名前が「マッサン」の主演女優さんと同じ。

英国王室御用達のワインやブランデー、結婚式の時のシャンパン、はたまたマッサンがリタさんの為に作り上げた「スーパーニッカ」の復刻版など、商売的には色々ネタが揃ってはいます。
店にも色々在庫がございますので、興味のある方はお尋ねくださればご案内いたします。
でも、なんとなく商売にするより素直にお祝いしたくなりますね。
自分に関係ないのにニッコリできる良いニュースでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。