FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラミネート加工した紙にマジックで書くと、消しゴムで消せるじゃないですか。
間違った文字も修正可能。
先日赤いマジックで書いた文字を修正しようとゴシゴシしたところ、当然生まれる消しゴムのカス。
これがですね、カニカマに実に良く似ている。
毎日いろいろな発見があるものですね、せきやブログでございます。


さて、本日11月20日は第3木曜日。
ということはですよ、毎年恒例の新酒のお祭り、ボージョレ・ヌーヴォーの解禁日でございます。

ちなみに当店では「ボージョレ」表記で統一していますが、「ボジョレ」「ボージョレ」など色々な表現があります。
外国語をカタカナで表現しようって言うんだから、正解なんてありゃしませんので言いやすいものをお使いください。

それはさておき。
当店では毎年、国立にゆかりのある方にデザインしていただいた
「ボージョレ・ヴィラージュヌーヴォー くにたちラベル」
と言うワインを販売しております。手土産にもぴったり。
今年は国立在住の芸術家、「関 頑亭」さんの「谷保晩秋」という作品をラベルとして使わせていただきました。
nouveau2.jpg

彫刻(脱活乾漆)、絵画、書、陶芸など、様々な分野で活躍する関頑亭さんは現在95歳。
ご存じない方は検索していただけると分かりますが、作品だけでなく考え方も見た目もとても素敵な方です。
18歳の時に描いた谷保の風景は、現在の景色とは違いまだ農村だった昭和初期のもの。
はじめて見るのにどこか懐かしい、秋の夜長に暖かい気持ちでワインに向き合わせてくれるラベルとなっております。

ちなみにこちらの中身は「ドメーヌ・ボワシャン」という生産者のもの。
ボワシャンのボージョレ・ヴィラージュヌーヴォーを当店で一括買い上げしており、中身も特別なんです。


くにたちラベル以外にもボージョレ・ヌーヴォーはたくさんございまして、約10種類ほど扱っております。
こんな感じ。
nouveau1.jpg

生産者ごとに結構味が違いまして、いかにも新酒!って感じの軽くてすっきりしたものもあれば、果実味豊かで味わい深く、熟成させても楽しめるんじゃないかなと思えるものまで色々です。
当店で取り扱っている品はあんまり価格競争に対抗できる感じはないですが、品質は自信を持ってお届けできるものばかり。
今なら試飲もやっていますので、お気に入りの品を見つけてみてください。

ちなみに、「ボージョレ」はボージョレ地区、「ヌーヴォー」は新酒を指すのはご存知かと思います。
日本酒のヌーヴォー、続々入荷してきております。
美味いです。
こちらも是非是非。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。